渡部家0824IMG_0212横浜市緑区 横浜北部斎場で一日葬のお手伝いをさせていただきました。 喪主様は、当初お一人だけで見送る火葬式をお考えでしたが、近親者の方の助言で一日葬を選択した事を式中喪主挨拶で告白なさいました。私にも式後直接、式が無事に終わった事と、やって良かったとの感謝のことばをいただきました。

昨今、葬儀自体が敬遠される風潮があるように感じます。確かに過度な演出による葬儀は、費用的にも、精神的にもご遺族に重い負担を強いります。過度な装飾を排して、節度が感じられる式で心穏やかにお見送りできるのが、理想ではないかと我々は考えます。

成人式、結婚式など人生の節目に行う、日本古来のいにしえから続くこれらの儀式には、先人の様々な知恵や想いが託されています。葬儀という儀式は、亡くなった故人が遺された遺族や親族へ各々自分の人生の今までと今からを心穏やかにして見つめ直す為の時間を贈っているのではないでしょうか。故人様からの最期の贈り物、それが自分を見つめ直す時間ではないかと。

繰り返しになりますが、過度な演出や装飾は必要ありません、心穏やかに見送る場を我々もご提案できれば、と考えております。
どうぞ、ご相談下さい。